<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
新しいことに挑戦してみた

合唱団「the Garden of K(通称:カラ庭)」にエントリーしてみました。

 

 

ネット上で、声の活動を始めてからもうじき15年、

ボイスドラマを作り始めて12年(ヒエエ)ですが、

そろそろ新しいことにも挑戦したいな〜と思ってました。

 

そんな中で、2016年に

CD作品5作目の記念に、よーし、歌のCDを出しちゃおう!って思い切って、

「水晶のセカイ」http://a-kira.x0.com/cp/sekai/を作って、

そのときに作曲をご依頼したことが縁で

鈴葉ユミさんが、ネット上での合唱に誘ってくださって。

Suzufamilia)https://suzuhayumi.wixsite.com/suzufamilia

 

「365日の紙飛行機」の合唱からはじまり、

続いて【空の境界Kalafina cover 第一章〜第七章

の合唱に誘ってくださって。

 

この時点でそもそもKalafinaを全く知らなかったので、

練習音源が来る前に、せめて雰囲気だけでも覚えよう!と慌ててKalafinaのCDを購入し

2018年の間に、

「oblivious」「君が光に変えて行く」「傷跡」「ARIA」「sprinter」「fairytale」「seventh heaven」

の7曲分のアルトパートを歌う機会をいただいて、

ユミさんが参加者全員の音声をミックスしてくれた完成音源を聞いて、

なんて美しいハーモニーなんだろう…!と。

 

また、その参加記念に

集まれる参加者でカラオケボックスで、生で合唱して…。

 

いっぱい間違えたし、歌を本格的にやってらっしゃる皆さんみたいに声も出せないけど、

すごく楽しくて楽しくて、今度新しいことをやるんだったら、

そういう、合唱的なもの、いいな…って漠然と思っていたところ、

そのユミさんのツイートで回ってきたのが、

「the Garden of K(通称:カラ庭)にエントリー」するお知らせ。

 

なんか、どこかのイベント?で、みんなが集まって合唱するんだとか。

 

これだ…。

 

 

早速エントリー…せず、〆切ギリギリまで悩んで、

思い切ってエントリーしてみました。

実は未だにどういうことをするのかよくわかってないんだけど、

きっとどこかで発表会的なものがあるんじゃないかなと思っています。

 

参加決定のお知らせが来て、慌てて、課題曲3曲分を購入(笑)。

 

一曲、二曲と聴いていって三曲目。

 

なにを言ってるのかまったくわからない…と思ったら日本語じゃなかった…

 

 

しばらくして練習用の音源が届いたものの、

伴奏音源、すべてが合わさったデモ音源はあるものの、パートごとの音源がないものも…!

 

 

音がまったく聞き取れない

 

やばい

 

 

 

そんな中で届いたのが、第一回目の練習のもよう。

 

どうやら一回目からみなさんわいわいと仲が良さそうで、(二度目の)ヤバイ。

 

 

そしていきなり歌いだしたりするらしい(全パートで)

 

 

 

ハードル高…

 

 

 

この時点でめっちゃ腰が引けて、冷や汗ものだったんですが、

フリーソフトをDLしてきてパートの音符を手で打ち込んでMIDIファイルにして

伴奏とミックスして、それをなぞりなぞり自分で歌詞を歌ってみて、またミックスして

その音源を毎日聞く(先が長い…

 

 

そのような状態で、第2回目の練習は日程の都合が付いたので、

26日、参加してきました…!

 

 

仕事以外で、知り合いが全くいないという空間に飛び込んだのが

本当に、学生のとき以来くらい、

いや2度目のスタジオ収録がそうだったかもしれない、

でもとにかく、10年近くそういう経験からずっと離れてて、

久しぶりに、めちゃめちゃ緊張しました…。

 

もう挨拶もそぞろ、誰かと口を利くなんていう状況にもなれない、

とにかく椅子に座って楽譜を見てるかお水飲んで気を落ち着かせて…

 

 

いよいよ始まる練習。

声出しの前に、首をほぐす運動を軽くやって、

ハミングの状態でピアノの音にあわせて。次は「あー」で。

 

ここで、また、合唱用の口の開け方もわからないという素人っぷりを発揮。

 

なにせ合唱なんて中学の音楽以来、合唱用のちゃんとした口の開け方とか腹式呼吸とか音取りとか、

そういうのほとんどといっていいほどやったことがなかった。

合唱の前に、首をほぐすなんてことも知らなかった。

巻き舌はもちろん、ぶるるるーもできないー!!!(笑)

 

そんなこんなで、この時点で既にいっぱいいっぱい。

こんなんで大丈夫か…めちゃ不安だよ…。

 

 

音取りのほうは、なんとかなぞってはきたもののやっぱりアレコレ間違ってて、

みなさんやっぱり、元々がその歌がお好きで参加されてる方ばかりみたいで、

当日はテンパってたので自己申告できなかったけど、

カラオケで歌うどころか、どの歌も、参加直前までまったく知らない歌でした…。

 

あと、「今クール推しアニメ」のお題はなにも答えられなくて、最新アニメが「うしおととら」(笑)。

 

 

実際に練習が始まって、

わかってはいたけど、合唱は、普段適当にカラオケを楽しむのとは

歌い方がぜんぜん違うなって思ったのと、

梶浦さんの曲は難しいな!!!って思ったのと、

「にほんご」でさえヒイヒイ言いながら歌っているのに、外国語とか…

 

ディス・イズ・ア・ペン

 

みたいになカタカナにしか歌えない…!!!!!!!!

 

 

巻き舌は無理でも、せめてぶるるるーができるように家で自主練習します…。

 

 

でも、

もちろん個人レッスンや直接指導ではないけど、

ちゃんと音楽を本格的に習って、やってらっしゃる方に見本を聞かせてもらえたり、

アドバイスをいただけたり、

生でピアノを弾いていただけたり、

梶浦さんの歌や、合唱が好き、っていう気持ちで集まった方たちと

実際に生でハーモニーを楽しませていただけるっていうのは

普通に生活していたらなかった機会だと思うし、

せっかく思い切ってエントリーしたからには

なんとか少しでも皆さんに追いつけるようにがんばりたい…。

 

 

あと、次に参加できるときには、もう少しリラックスして、

もうちょっとせめて隣の方とくらいは、お話とか…できたらいいな…

 

 

次の日は、喉は全然平気だったんですが、首筋が筋肉痛です…アタタ

 

 

| 日常のこと |
ライブイベントに行ってきました

(作業が少しだけゴールが見えてきたのでやっと感想がかけるよ…!)

 

3/23開催 鈴葉ユミさん主催イベント「Salon de Charme」に行ってきました!

 

もう6〜7年前に一度だけ、当時、企画参加でお世話になっていた企画者さんに誘われて

夜のバーみたいなところでやったライブは行った事があったんだけど

今回はお昼から、カフェでやるライブということでした。

 

普段ライブとか行く機会なかったんだけど

主催の鈴葉ユミさんには、合唱企画ですごくお世話になったのと、

実際にカラオケご一緒させていただいた折に聞いた歌声がすごく美しかったのと、

応募したとき採用して下さった企画者さんが参加されてるのと、

その合唱企画に参加されていらっしゃった方で、

リアルハモリ会で顔を合わせた方が参加されているということで、

思い切って行ってみよう!となりまして。

 

 

 

かなり早めに行ったつもりだったけど迷って(笑)お店の入り口がわからない(笑)

 

やっと、ここかな…?ってなって恐る恐る近づいたら、もうその時点で

同じ紙を持っている人がいて「仲間…!!!!!!!」ってなりました。

 

お店の中はいい感じに薄暗くておしゃれな感じ。

あんまり天気よくなかったけど、ざーざー降りじゃなくてよかった。

 

 

主演は

 

上園千紗さん

小鳥遊まこさん

プラムアンジュさん(鈴葉ユミさん、悠月麻衣さん)

Lyratriaさん(Akiさん、kyoroさん、Yumiさん) with 烏丸友吾さん

鈴葉ユミさん

 

鈴葉ユミさんの合唱企画に参加して初めてカラフィナを知ったので

知らない曲も多かったのですが、

歴○ヒストリアの歌が歌われたのは嬉しかった…!!

知ってる歌きたー!!とテンション上がりました!!

もうねもうね、リアルで聞くハーモニー、なんて美しいんだろう…!!!

 

 

上園さんは、

綺麗で優しい高音で、爽やかな景色と風を感じられるような表現の印象がありました。

人物というより、(冒頭で海外旅行のお話をされてたからだと思うけど)

海外風の家が立ち並ぶ、絵葉書の中のような、見ていて美しい風景のような歌声でした。

 

まこさんは、

歌声自体は可愛らしいのに、歌い始めるとそこから「可愛さ」をそぎ落としたような

ぴんと張り詰めた緊張感というか、ある種の潔癖感というか、

肌に痕を残さず、けれど確かに爪を立てている、そんな雰囲気というか。

女性の歌声なのに、どこか「人間の性」を感じさせないイメージがありました。

 

プラムアンジュさんは、

一度だけ実際にカラオケでそのハーモニーを聞かせていただいたことがあって大好きなんですが

今回、その中でもそのときに歌って下さった歌を歌ってくれて感動でした…!!

 

ユミさんの伸びやかな歌声は

鋭く空間を切り裂いたかと思えば、するりと心を絡めとって癒すような

優しく安心する果てない広がりがあり、解けて消える雪のような儚さかと思えば

華やかで色とりどりの花々が美しく咲き誇るような雰囲気があったり、

圧倒的な声量(マイクを通すのがもったいないくらい!)で、とても多彩な表現でした!

 

麻衣さんの柔らかくハスキーな低すぎない歌声は耳に心地よく、

しっかりと個性があるのに滑らかな深みと、しっとりとしたさりげない爽やかな色気と、

囁くような表現、まろやかな伸びの中に暖かみのある闇が潜んでいるようで、

優しいのに切ない、ダークなのに暖かい、そんな感じでした!

 

プラムアンジュさんは、お二人の歌声の相性がすごくよくて、ハーモニーは基本的に

どれをどなたが歌っているか聞き取れないのですが、

お二人の声ははっきりどちらかわかる、にもかかわらず全く反発せず

溶け合うような「一つの音」になっているのが本当にすばらしいです。

ちょっとゴシックでモノクロの、美しい黒いベールを纏った喪服の女性がいて、

でもその紅い唇は少し微笑んでいる、そんなイメージでした。

 

烏丸友吾さんによる、ギターの生演奏での歌だったのですが、

生演奏ならではの息の合わせ方、空間の一致感がとても新鮮で、

ギター一本であれだけ曲を表現できるのが本当に素晴らしかった!

 

 

Lyratriaさんは、もう美しいとしかいえないハーモニー…!

どうしたらこんな風に歌えるんだろう、こんな風にあわせることができたら

どんなに楽しいだろうと、ハーモニーの楽しさや美しさを

たくさん教えてもらえて、たくさん感じることのできる歌声でした!

涙でそうだった!

 

 

一人で行っていたんですが

始まる前や待合時間などに

麻衣さんやまこさんと割りとお話できたし、kyoroさんにもご挨拶できて、

あと、自企画「水晶のセカイ」でお世話になった烏丸友吾さんにも

きちんと御礼を伝えることができたのが本当によかったです。

 

夕方から予定があったのでちょっと慌しかったけど、

最後にユミさんとも少しお話できたし、

あと、ユミさんのMCのとき、ちょっと恥ずかしかったけど(笑)

ちゃんと反応を返しておいてよかった!!(笑)

 

拍手しかできなかったけど、心の中では

「ひゅーーーー!!!ひゅーーーー!!!ブラボーーーー!!!!」ってなってましたよ!!!!(笑)

 

 

とても素敵な空間を味わうことができました。

出演者の皆さん、お疲れ様でした。

ユミさん、主催お疲れ様でした!!!

 

皆さんとっても可愛くて綺麗でかっこよくて素敵でした〜!!

| 日常のこと |
久しぶりに

ブログを書いたら、なんだか使いづらい(笑)

 

 

ついつい、Twitterが便利でそちらに記載してしまうんですが、

しっかりと情報を載せたいなあと思うときは、やっぱり

ブログがいいなあというか、いっぱい書けるし、見やすいなと思う。

 

試写会や映画のことも、最近はぜんぜん書かなくなっちゃったけど、

見たものは、記録ついでにがんばって思い出して、書きたいです。

| 日常のこと |
拍手お返事
拍手からのコメント有難うございます、
お返事は「続き」からお願いいたします!
続きを読む >>
| 日常のこと |
2016年
なんだか、あっという間に年が明けてしまいました。

昨年は本当にお世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!ヽ(*´∀`*)ノ


個人ボイスドラマ創作「Crystal+」としましては、
今年も、たくさんのかたがたにご協力いただき、いろんな
作品を作り出すことが出来ました!!


【2015年完成のCrystal+制作作品】

◆風の音に 白雪混じる 吐く息の 霞みの雲に 道もけぶるる(赤穂浪士二次創作)

◆幸冀の罪(時代物、長編。戦国時代。淡い憧れ)

◆其の娘、祓い屋を名乗りまする(悪霊退散、コメディ)

◆トレマンド・ラ・ボーチェ(王国と巫女。シリアス)

◆深く深く、沈みゆく(戦国の若様と忍の者。シリアス)

◆老いてなお、夢を見た(鬼平犯科帳二次創作)

◆闇夜のカンタータ(謎の美少女と変な仲間たち)

◆闇夜のカンタータ 〜少年シンフォニア〜(CD・同上)

◆桜香綴り(CD・「ゆすら」の脈をいだく青年)

これらの作品だけでも、
改めて、何十名という方々にご協力をいただいたこと、
ありがたく思います。


今年は、
参加者様のご好意でスタジオでオリジナルシナリオの収録に参加できたり、
久しぶりに10話を超える長い作品に着手できたり、
大好きな時代物の二次創作に挑戦できたり、
個人でCD作品を制作してイベントに参加したり、
飲み会に呼んでいただけたりと、
これまでになかった、はじめてのことや新しいことも経験できた一年になりました。

これもすべて、
ご協力くださる皆様がいてくださってこそです。
いつも本当に本当に有難うございます!!!ヽ(*´∀`*)ノ

2016年も、引き続き、
「フォーゼリオン」「契約のコンテネレッツァ」をはじめ、
水面下にていくつか新作もすこしずつ準備をはじめておりますが、
また、色々な作品を形にしていくことが出来たらと思っています。

*******

ヤマトアキ個人としましても、仲良くしていただければ幸いです。


どうぞよろしくお願いいたします!


2016年1月3日 ヤマトアキ 拝
| 日常のこと |
拍手お返事
かなたちゃん!

(お返事は続きから^^)
 
続きを読む >>
| 日常のこと |
お祝いをいただいた!
私がへたれていたら、
彼方ちゃん(友達)が、


そうだ!
サイトとか10周年だったよね、お祝いにボイス録るよ!(←ボイスコとかに全く縁のない人


…え!!??



企画者でも、演者でもないけれど、
っていうかそもそも、ボイスコさんですらないんだけど、
私が10年前、友人の渡瀬絵美と合同でつくった最初の企画「鬼神楽」を
とっても気に入ってくれていて、
今でも、たまに聞きたくなるといって聞いてくれる神様みたいな彼女。


というわけで?


私の10周年を記念して、
ボイスコでもない、マイクなんてせいぜいカラオケでしか握らない彼女が、
私のお祝いのために、鬼神楽のシナリオから
自分で「なんちゃって予告」を書き出して、収録してくれました…!



ポイントは、

6キャラを1人でやって、まったく演じ切れていないところ

らしい(…深すぎる…


バナー


編集は、指定してもらって私がしたんだけど、
本当に指定どおりにしか効果音とか入れなかったので
せっかくだったからもっと派手派手しく入れちゃえばよかったな!(笑)



お祝い本当に有難う!!

これからもがんばるよー!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


 
| 日常のこと |
高みとは
友達に、すごく向上心の高い(本物志向というのかな?)の子がいるのだけど、
同じように、意識の高い子や、高いものを目指している子と一緒にいると、
やはりお互いから色々と影響を受けたり、お互いに高みへ高みへという感じで
お互いいいところを認め合って伸びていく、っていう感じがすごくしていて、
私はそれをすぐそばで見てて、いつも、すごいなぁって思ってた。
自分の活動で例えるならば、
お芝居や、創作(物語、イラスト、小物などすべて含む)や…
もちろん自分も、そのときやれるので一番いいものを、って思って
作ったり演じたりはしてるけど、
そもそもなんというか、そこの最低ラインのレベルがすでに違っていて、
例えば同人で作る作品一つとっても、「へー!」って思うことばかり。
当然、その子たちの作る物語やイラストや小物などの作品たちは
どんどんレベルがあがっていくというか、
すごくクオリティの高いところを目指しているのがわかって、
それはやっぱりお互いに通じるものがあるようで
その子が特化してがんばっているものなどに対してだけじゃなく、
その子が作り出す「作品」すべての底上げがされているから、
だから、お互いにとても認め合っていて、
お互いがお互いに与える「なにか」もとても大きいもので、
すごいなぁと思って見ていて。
で、その子たちの共通の「もの」に関してでは、
私は全然そこにたどりつくこともできないままだった。
いくつかは、共通の「もの」もあったのだけど、
その「もの」の話でも、私はいつも、すごいなぁって見ている感じで、
やっぱりその子たちのレベルには追いつくことはできなくて。
私は、すごいな、その子たちみたいになりたいなって思うけど、
きっとその子たちからしたら、
「アキみたいなの作りたい、やりたい、なりたい」はなかったんじゃないかなと。
だから、自分はその子たちになにか、
「与える」ことのできる立場でいられたことがあるのかな、
って考えたとき、自分には、それがなかったんだろう。
レベル70くらいのパーティに、レベル13くらいの私がまざっている。みたいな(笑)。
けっきょく、その子たちと共通のもので、「イイネ」って言ってもらえることはなかった。
けっきょくのところ、いまだってこういう企画活動をしてるけど、
たとえば、イラストも声もシナリオも編集も…って欲張って自分でやってるのもあるけど、
どれか一つは特化している、というのがある?って聞かれたとき、
「ない!」(笑)
だから、せめてなにか別のものでも、ひとつくらいは、
「イイネ」って言ってもらえるものを、作れたり、やれたらいいなと思う。
だからって、いいねって言ってもらえなかったからそれをやめてしまう、
ということでもないし、
それを嫌いになるってこともないので、
そこはまあ、そのものに関しては目指すところが違ったりとか
根本的に「好み」の問題とかもあるだろうし、
同じものを目指すことが100%自分にとって正しいことか、いいことか、っていうのとは
また別の問題になってくると思うので、
なんというかけっきょくは、自分の好きなものを
自分なりに育てていくしかないんだよね、というお話。

前置きが長い(笑)

でもやっぱり、一回くらいは褒めてもらいたかったな〜(笑)
まあ、今更言っても仕方のないことなので、
また地道に地味に作ったり描いたり書いたりしていく。
| 日常のこと |
改めて感じたこと
先日、ご縁があって、
私に、やろう、と声をかけてくれた人のおかげで、たくさんの方に会う機会があった。


お手伝いしようと思って、
場所を捜したり、当日のスケジュールを考えたり…。
すごく楽しかったけど、改めて、事前の準備の大変さを思い知る。

友達と出かけたり、遊んだりする時、
いろいろ先に準備してくれて、考えてくれる子がとても多いんだけど、
その友人たちに、改めて、感謝を感じることのできた日にもなりました。


場所ひとつ決めるのだって、
各自の最寄り駅から行きやすいか、帰りはどうか、
食べるお店を捜すのだって、食べられないものはないか、嫌いなものはないか。
料理の味や、お店の雰囲気はどうか。
そういうのも、ちゃんと事前に調べてくれたりする子もいるし、
そのお店の時間までのつなぎはどうするかとか。

それって、その子はごく当たり前のようにやってくれるのだけど、
実際に自分がその立場になってみたら、
なかなか全て実行することができないということがよくわかる。


今回だって、自分なりに出来るだけ綿密に準備をしていたつもりだったけど、
ちょっと早く着いた方をすごく歩かせてしまったり、
寒い中ずっと別の場所で待たせてしまったり、
連絡いただいたことへのお返事が少し遅くなってしまったり、
お店の場所がはっきりしなかったり、と、けっこう不手際もあって、
友達のスマートさに比べて、自分のふがいなさも実感した…。


それでも、いつも誘ってもらって、ただ参加するだけ、
ただ乗っかるだけの人になるのは、失礼だと思うし、
自分でもそこに甘えてしまうのはよくないと思うので、
たまには自分でも動かなければ考えなければ!と思って今回は実行してみたけど、
表面的に「スマートに見せることができる」人の、
裏での、見えない部分での気遣いの凄さたるや…


そのスマートさに傲慢に胡坐をかいてしまうような人間にならないようにしなきゃな、と。
ただ口だけで有難うって言うだけじゃなく、ちゃんと行動で示して、
その子の準備してくれたプランを心から楽しんで、
そしてお互いに気持ちよく、「また次も!」ってできるようにしよう。
そして自分も、その子たちに対して、ちゃんと誘ったりできるようにしよう。

と、自戒もこめて。


自分の足りないところも本当によく見えたし、
自分が本当はどうしていきたいのか、も、なんとなく見えた気がする。


たくさんのことを学ばせていただいた一日でした。


本当に有難う!


ただやっぱりね、ちゃんとしたものを書くには
あまりに日にちが足りなかったのは事実だ!(笑)

もっと書き込みたかった・・・

 
| 日常のこと |
〆のあいさつ
最初の、意気込みややる気の言葉ももちろん大事だとは思いますが、
私は最近では、一番最後の、
〆の挨拶のほうが大事かもしれないな、と思うことが多くなりました。


最後に、改めてひとこと
「お疲れ様でした!」「お疲れ様でした!」
というやり取りがあるだけで、
ああ、よかった、またこの人にお願いしたい!って思ったりもします。
単純だから!(笑)


みんなで力を合わせて、一生懸命がんばって、
そして最後までたどり着いて。

その、みんなのがんばりをたたえて、
最後に「お疲れ様でした!」って声をあげたら
反射的に「お疲れ様でした!」ってなるのが、
ほんとうの〆なんじゃないかな、って。



けっこう、この「〆のあいさつ」が
軽視と言うか…素通りされてしまうことが多々あって、
ちょっと寂しいなと思います。

もちろん、こちらが大々的にご迷惑をおかけして愛想をつかされていたり、
あいさつを返す価値もないほどつまらなかった!ってなってたら
それは仕方ないか…となりますが(もちろん悲しいけど。。。

でもできるかぎり、最後は気持ちよく終われるよう、
こちらとしても努力したいと思います。


きっとね、
ツイッターとかで呟いてくださっているのかも?とは思うんですが…

個人的な呟きだと、まったくこちらに届かないので、
届かない=なかったこと
になっちゃうんですよね…もしそうだとしたら、あまりにももったいない!


確実に相手の目を見てあいさつしないと、届かない可能性が高い。
いや、目を見るって、ネット上ではもちろん比喩だけど。


そう思うと、自分も活動していたころは、
完成のお知らせが来ても、改めてメールで「お疲れ様でした」って
送ったことがあまりなかったかも…と反省しました。

個人ブログで完成を紹介したり、活動履歴を更新したり、
TOPページでご紹介したり…は、なるべく頻繁にしていたけど、
改めてのごあいさつは、そういえば、あとまわしにしてたかも。

よくなかった…。


最近ではツイッターなどの便利ツールもあることだし、
できる限りきちんと、終わりまでごあいさつをしっかりしたいな。
| 日常のこと |
| 1/65PAGES | >>